FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
呼吸。
朝5時に就寝についたさやいち。
ものの1時間半で覚醒したのは、
何かの予感がしたのでしょうか?
寝る前におトイレに行ったのに、
寝しなに飲んだお酒のせいか、
目が覚めるとおトイレに行きたくなりました。






ここから記憶が前後してるかもしれません。
おトイレから帰って、
もう一度寝なおそうとしてベッドの中に入った後なのか、
その前にそれが起きて
その気配で起きておトイレに行ったのか、
その後の出来事の戦慄さのせいで、
曖昧です。






とにかく、もう一度寝なおそうとしたさやいちが、
それに気づくまで1分ほどかかりました。







さやいちの寝るこのチーム1階は、
朝方寝るさやいちの生活リズムのせいで、
カーテンは100%遮光カーテンなのです。
そして、さやいちは近視なので、
寝る前にコンタクトを外すのですが、
そんなさやいちが、
カーテンのせいで真っ暗な周囲を見渡せる訳もなく、
その大きなズドドーンと言う物音さえも、
さっきまでさやいちのベッドの足元に寝ていた茶々丸が
騒いでるのかな?などと思いながら、
それでも尚も続く物音に、違和感を感じ、
洗面所にメガネを取りに行ったさやいちでした。







メガネをかけて、お部屋の電気をつけ、
目に飛び込んできたのは、
viviののたくった肢体。
上半身はうつ伏せなのに、
下半身は横向きになっており、
最近では貧血気味の為に色の悪かった舌が、
この時は異様に赤く、
その赤い舌を出して、
開口呼吸をし、目は見開いて爛々としていました。
鳴き声はごくたまに、
寝返りをうとうとした時のみ発していました。






5時にさやいちが寝る時には、
キャビネットの前の座椅子で寝ていたviviが、
メガネをかけて、電気をつけると、
ドアの前にいたのです。
のたくった状態で、ここまで移動してきたのでしょう。







呼吸の回数は1分で120回以上あった様に思います。
まず一番最初に懸念したのは、
【血栓症】でしたが、
【血栓症】ではないと判断したのは、
そののたくり方でした。
【血栓症】の時は、
基本どれかの手足に血栓が詰まるので(他の部位にもあり)、
その詰まった手足の部分が非常に痛む為、
鳴き叫び、所在無げにあちこちに移動するのですが、
今日のviviは、
そういう感じではなく、
まるで腰がくだけた様に
歩く事も寝返る事もままなりませんでした。
そして、意識が朦朧としていたのか、
さやいちの声にあまり反応しませんでした。







一番にしたのは、呼吸の緩和です。
身体をあまり触らずに、
【ネブライザー】にお薬を入れ、
開口呼吸するviviのお口とお鼻にあたる様に、
スチームをあてました。
時刻は6時半すぎでした。
病院は開いてません。
それでも、一度病院に電話してみました。
もちろん留守番電話でした。
そして、スチームをあてながら、
2階で寝ている旦那様に携帯で電話しました。
viviがおかしい旨を伝えると、
直ぐに旦那様は1階に降りてきました。







旦那様にスチームをあててもらい、
とりあえず、何か情報が欲しいと思い、
PCを開いたさやいち。
なかなか思う様な情報にたどり着けずやきもきし、
それでも、viviの傍にいたくて、
その作業を旦那様に頼み、
スチームをあてていたさやいち。






救急病院は朝方でしまってしまいますが、
旦那様に促されながら、
万が一電話が繋がるかもと思い、
2軒の病院に電話しましたが、
どちらも留守番電話でした。
その時点で、既に【ネブライザー】にお薬がなくなったので、
お水を入れて更にスチームをあてました。
念のため、
旦那様に四肢のぬくもりを確認してもらいました。
冷たくなっていたら【血栓症】の疑いがあるからです。
四肢にはしっかりとぬくもりがありました。







どうかお願い助けて!!と言う気持ちで、
再度いつもの病院に電話しました。
時刻は7時15分くらいでした。
留守番電話に切り変わると思ったのに、
今度は看護師さんが出ました。
viviの容体が急変した事を告げ、
直ぐに看護師さんがY先生に連絡を入れてくれ、
8時までには病院に来れると折り返し電話をいただき、
取るものも取らず、
viviを抱っこして車に乗ったさやいちでした。







病院に着いて、
10分ほどで、駆けつけてくださったY先生。
後から知ったのですが、
今日は、昨日から24時間体勢で、
看護していた他のペットさんのおかげで、
病院の電話が転送になり、
看護師さんが応対してくれたそうです。
とってもラッキーよ!とねね先生がおっしゃってました。
本当にラッキーだったと思います。
そして、そのねね先生も
いつもより早く来てくれていました。
偶然だったのか、
それともviviの事を聞いて駆けつけてくれたのか、
何れにしてもviviの介助を一緒にしてくれて、
感謝致しました。






まずは、触診、聴診、そして、
危険な状態な為、レントゲンはとらず、
心電図をとり、
エコー検査をしました。







ちょっと見ただけで、
Y先生は『心臓発作だと思う』とおっしゃっていました。
心電図では、不整脈が見られるので、
そのせいで、発作が起きたのだろうとの事でした。
心臓の寿命がきてる、
心臓がかなり弱ってるとも言われました。







昨日の病院でのエコー検査では、
胸水は見られるものの、
増えてはいませんでしたし、
心臓が上の方にあるから大丈夫ともおっしゃっていて、
(多分、肥大型心筋症が進行するにつれ下に下がるのか、
それとも胸水が沢山あるとそうなるのか)
病院から帰って来た後も、
寝る前もご機嫌さんにしていたvivi。
viviの心臓はある日突然何かをしでかすのだと思いました。







今日のエコー検査でも、
新たな胸水や肺水腫なども見られなかった事から、
お薬は今までのものを続行し、
4日分だけ新しいお薬1つ追加でもらい、
心臓発作の痛みを和らげるものはないか、と
さやいちが訪ねたところ、
胸の部分に貼るパッチ上の心臓のお薬を
処方してくださいました。、
毛を刈って今日の分を貼ってもらい、
酸素ボンベをもらって帰って来ました。







お家ではあんなに苦しそうだったのに、
病院に着いた時は開口呼吸ではなくなっていて、
もちろん呼吸はものすごく速く、
ガタガタ震えてはいたのですが、
viviは気丈に振る舞っていました。






お家に着くと、
しばらくキャリーケースから出ずにいたvivi。
その後は炬燵の中に入りたがったので、
炬燵の中に入れ、
炬燵布団で中を密閉し、
炬燵の中に酸素の吸引ホースを入れて、
しばらくそのまま放っておくことにしました。







病院から帰って来て、
2時間ほどしてから、
新しいお薬だけ飲ませました。
脱水症状がでてるのでしょうか?
それとも呼吸が苦しいからでしょうか?
どちらも両方かもしれませんが、
お薬を飲みこむのに大変そうでした。






いつもの餌とお薬の時間を少し早めて、
あげる事にしました。
餌はどうしようかと悩みましたが、
やはりこれもいつもと同じ様に、
ほぼ同じ量を強制給餌であげました。
それと言うのも、
昨日の夜から尿をしてなかったからです。







夕方は相変わらず呼吸は早いものの、
少しづつ楽そうな顔つきになってきました。
どうかな?と思ったのですが、
viviの大好きな【焼きかつお】を
鼻先に持っていったところ、
しっかりと反応して、
ゴロゴロまで言い、
食べたではありませんか。






そして、その後はちゃんとグルーミングもしていました。
もちろん休み休みですが、
本当に辛すぎてどうしようもない時は、
グルーミングもできないので、
少しお薬も効いて楽になったのかもしれません。






会計は夜でいいから、
そんな事より早くviviちゃんをお家で安静にしてあげて。
と、ねね先生がおっしゃってくれたので、
お言葉に甘えて、
午前中の診察料と4日分のお薬と2本の酸素ボンベを
夜に病院にもらいに行ってきました。
病院から帰って来ると、
viviがきちんとおトイレで尿をしていました。
しんどいので、ふらふら歩きなのですが、
それでも、おトイレできちんとできた事に、
感動しました。






夜のおやつの【焼きかつお】も
美味しそうに、また沢山食べていました。
食べた後はゴロゴロと言い、
満足したように思いました。





相変わらず炬燵の中から出てきませんが、
その方がviviが落ち着くのなら、
そのままにしてあげたいと思います。
それでもどうしても気になるので、
1時間に1回ほど中を覗いてしまうさやいちです。
本当は放っておいてあげた方がいいのでしょうね。






今日はあまり寝ていませんが、
このまま多少の仮眠をするくらいで、
viviについていたいと思います。






viviは頑張っています。
本当に根性のある恰好良い猫さんです。
viviの持ってる全ての力を
さやいちは信じています。
どうか皆様も祈ってください。
お願い致します。






そして、今日は皆様のところに行けず、
大変申し訳ありませんでした。
明日はもっと元気なってるviviとさやいちを
お見せしたいと思います。
今日はこれで失礼致します。






今日もきっと良い1日だったと思います。
明日はもっともっと良い1日になりますように☆






さやいち。
スポンサーサイト
[2013/03/07 22:50 ] | にゃんこ | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。